« クワイエット・プレイス | トップページ | あの頃、君を追いかけた »

2018年11月28日 (水)

イコライザー2

イコライザー2
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:アントワン・フークワ
脚本:リチャード・ウェンク
原作:マイケル・スローン
リチャード・リンドハイム
「ザ・シークレット・ハンター」
製作:トッド・ブラック 他
製作総指揮:モリー・アレン 他
音楽:ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):デンゼル・ワシントン(大塚明夫)、ペドロ・パスカル(西健亮)、アシュトン・サンダーズ(福西勝也)、オーソン・ビーン(板取政明)、ビル・プルマン(安原義人)、メリッサ・レオ(高島雅羅)、ジョナサン・スカーフ、サキナ・ジャフリー、カジー・タウギナス、ギャレット・A・ゴールデン、アダム・カースト 他


 〈すっきりしない映画〉


 昼は堅気の仕事に就き、夜は法で裁けない社会の悪を退治する仕事請負人(=イコライザー)に変身。2つの顔を持つ男の活躍を描く、デンゼル・ワシントン主演によるサスペンス・アクションの第2弾。


 元CIAトップエージェントのロバート・マッコール(デンゼル・ワシントン)は、タクシードライバーとして真面目に働く日々を送っていた。そんなある日、親友で唯一の理解者でもあるCIA時代の上官スーザン(メリッサ・レオ)が何者かに殺害される。怒りに震えるマッコールは、極秘捜査を開始。しかし、スーザンが死の直前まで手掛けていた任務の真相に近づくにつれ、彼の身にも危険が迫ってくる。その手口から身内であるCIAの関与が浮上。やがてマッコールは、かつての自分と同じ特殊訓練を受けたスペシャリストの仕業であることを掴む…。


 前作はハードボイルド調で渋かったのだが、本作は後半でテイストががらりと変わる。プロの“仕事人”同士の戦いなら互角になった方が面白いのに、ほぼワンサイドゲームなのが残念。デンゼルは相変わらずカッコいいが、今回は敵の目的が最後まで不明瞭で、すっきりしない映画であった。


私の評価…☆☆☆

ポチッとよろしく!

|

« クワイエット・プレイス | トップページ | あの頃、君を追いかけた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イコライザー2:

« クワイエット・プレイス | トップページ | あの頃、君を追いかけた »