« ピッチ・パーフェクト ラストステージ | トップページ | ここは退屈迎えに来て »

2018年12月 8日 (土)

魔法少女リリカルなのは Detonation

魔法少女リリカルなのは Detonation
魔法少女リリカルなのは Detonation
魔法少女リリカルなのは Detonation
劇場:MOVIX京都
監督:浜名孝行
原作・脚本:都築真紀「魔法少女リリカルなのは」
音楽:中條美沙
主題歌:(OP)水樹奈々「NEVER SURRENDE」 (ED)高町なのは(CV:田村ゆかり)「小さな魔法 ~Lyrical Flower~」
声の出演:高町なのは/シュテル…田村ゆかり、フェイト・T・ハラオウン/レヴィ…水樹奈々、八神はやて/ディアーチェ…植田佳奈、アミティエ・フローリアン…戸松遥、キリエ・フローリアン…佐藤聡美、イリス…日笠陽子、シグナム…清水香里、ヴィータ…真田アサミ、シャマル…柚木涼香、サフィーラ…一条和夫、リインフォースⅡ…ゆかな、アリサ・バニングス…釘宮理恵、月村すずか…清水愛、リンディ・ハラオウン…久川綾、アルフ…桑谷夏子、クロノ・ハラオウン…高橋美佳子、エイミィ・リミエッタ…松岡由貴、ユーノ・スクライア…水橋かおり、ユーリ、レイジングハート…Donna Burke、バルディッシュ…Kevin J England、レヴァンティン/グラーフアイゼン…Tetsuya Kakihara 他


 〈全体の約7割を占める戦闘シーンが抜群〉


 不思議な力を手に入れ、魔法少女となった小学生の活躍を描く人気シリーズの劇場版2部作の完結編。滅びゆく惑星エルトリアを救うため地球にやってきた異星人の少女キリエとなのはが出会い、2つの世界と2つの惑星の運命をかけた戦いが繰り広げられる。


 惑星エルトリアからやって来たキリエ・フローリアンは、死に瀕した父グランツと故郷を救うため、地球に存在する強力なエネルギー結晶“永遠結晶”を探索するが、その旅は同行者イリスがキリエを騙し利用していたものだった。イリスの目的は、永遠結晶の中で眠っていたユーリへの復讐。かつてイリスは、ユーリに家族と大切なものすべてを殺されていたのであった。そんななか、妹キリエとイリスを追ってアミティエ・フローリアンは、地球を訪れる。やがて、ディアーチェ、シュテル、レヴィという3つの魂が、イリスによって夜天の書から呼び起こされる。一方、地球の魔導師たち、高町なのは、フェイト・T・ハラオウン、八神はやてたちはそれぞれにイリスとユーリを止めるための戦いを始める。イリスとユーリの過去。そして、かつてのエルトリアに存在した“惑星再生委員会”で起きた悲劇。過去から連なる謎と宿命が新たな物語を紡ぎ出してゆく…。


 昨年公開された「~Reflection」の後編で、前作ラストシーンから描かれるので、前作の鑑賞は必須である。大袈裟かもしれないが、世界を救うためには、愛と友情と、大いなる犠牲が必要なのだということを、こういうアニメで思わせてくれるとは、正直思わなかった。クライマックスで危険に晒されたユーリを守るために、身を挺しながら叫ぶディアーチェのセリフは、思わずグッとくる。とても、元が18禁恋愛シミュレーションゲーム(「とらいあんぐるハート3」)のスピンオフとは思えない。全体の約7割を占める戦闘シーンは、さすがのド迫力だが、そのなかで描かれる人間ドラマが秀逸なのである。


 ところで、この映画シリーズは、また形を変えて続くのであろうが、時系列の上ではこの後になる「StrikerS」にどうやって繋げるのかな? 装備とか変わっちゃってる気がするのだが。


私の評価…☆☆☆☆

ポチッとよろしく!

|

« ピッチ・パーフェクト ラストステージ | トップページ | ここは退屈迎えに来て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔法少女リリカルなのは Detonation:

« ピッチ・パーフェクト ラストステージ | トップページ | ここは退屈迎えに来て »