« ルイスと不思議の時計 | トップページ | ピッチ・パーフェクト ラストステージ »

2018年12月 2日 (日)

デス・ウィッシュ

デス・ウィッシュ
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:イーライ・ロス
脚本:ジョー・カーナハン
原作:ブライアン・ガーフィールド「狼よさらば」
製作:ロジャー・バーンボーム
製作総指揮:イロナ・ハーツバーグ
音楽:ルートヴィッヒ・ヨーランソン
出演:ブルース・ウィリス、ヴィンセント・ドノフリオ、ディーン・ノリス、キンバリー・エリス、マイク・エップス、エリザベス・シュー、カミラ・モローネ、レン・キャリオー、ボー・ナップ、ロニー・ジーン・ブレヴィンス、ジャック・ケシー 他


  〈面白いが、公開時期が悪すぎたかも〉


 嘗てチャールズ・ブロンソン主演で映画化された「狼よさらば」(1974年)を、イーライ・ロス監督&ブルース・ウィリス主演でリメイクしたサスペンス・アクション。救急救命医として人命救助に当たる外科医が、妻を殺し、娘を昏睡状態に陥れた犯人に復讐するため、銃を手に取る。


 犯罪が多発し、シカゴの街は警察の手に負えない無法地帯と化す中、外科医ポール・カージー(ブルース・ウィリス)は犯罪に巻き込まれた救急救命の患者を診ている。患者の生死に立ち会い続ける彼にとって、幸せに満ちた家庭だけが唯一の平穏の地だった。しかしポールの留守中に何者かが家を襲撃し、妻を失い、娘は昏睡状態に陥ってしまう。警察の捜査は一向に進展せず、怒りの限界を超えたポールは自らの手で復讐を果たすべく、銃を取り危険な街へ繰り出していく…。


 「ルイスと不思議の時計」に続き、こちらもイーライ・ロスが監督を務めた映画。オリジナル版からは主人公の役柄が建築士から天才外科医に変わったが、この設定変更が後半になって生きてくる脚本が上手い。残念ながら、本国では公開直前に、フロリダ州の高校で銃乱射事件が起きており、この銃社会万歳映画は批判の標的にされ、本国での興行と評価はイマイチだったようだが、娯楽映画としては気持ちのいい復讐劇である。続編作る気は満々のようだが、それはこの反響を見る限り、ちょっと難しいかな。


私の評価…☆☆☆

ポチッとよろしく!

|

« ルイスと不思議の時計 | トップページ | ピッチ・パーフェクト ラストステージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: デス・ウィッシュ:

« ルイスと不思議の時計 | トップページ | ピッチ・パーフェクト ラストステージ »