« 蜘蛛の巣を払う女 | トップページ | 第91回アカデミー賞結果速報! »

2019年2月20日 (水)

ニセコイ

ニセコイ
ニセコイ
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:河合勇人
脚本:小山正太、杉原憲明
原作:古味直志「ニセコイ」
製作:平野隆(企画プロデュース)、辻本珠子
音楽:髙見優
主題歌:ヤバイTシャツ屋さん「かわE」
出演:中島健人(Sexy Zone)、中条あやみ、池間夏海、島崎遥香、岸優太(King & Prince)、青野楓、河村花、GENKING、松本まりか、丸山智己、加藤諒、団時朗、宅麻伸(友情出演)、DAIGO 他


  〈爆死レベルかと思いきや、意外に面白い〉


 週刊少年ジャンプで連載され、人気を博した古味直志原作の同名コミックを中島健人&中条あやみ主演で映画化した青春ラブ・コメディ。


 極道・集英会組長の一人息子・一条楽(中島健人)は、勉強一筋でケンカ嫌いの普通の男子高校生。楽は、幼いころに出会った女の子と「再会したら結婚する」と誓い合い、その子は“鍵”を、自分は“錠”のペンダントを肌身離さず持っていようと約束していた。ある朝、楽は登校中に、門を飛び越えてきた転校生の女子・桐崎千棘(中条あやみ)から飛び蹴りをくらう。金髪&ハーフでケンカっ早い千棘は、アメリカのギャング組織の一人娘。2人の相性は最悪だったが、親の組織同士も抗争寸前だった。その抗争を食い止めるため、2人は強制的に恋人のフリをすることを約束させられる…。


 予告編からして爆死レベルの映画と思っていたが、意外にも普通に楽しめる。まぁ、全25巻もある原作を無理矢理2時間に収めているんだから、ある程度の改変やキャラ変は仕方がないが、さほど大幅には変えていないところをみると、先に連続ドラマ作って映画化の流れの方が、より濃い内容の物になったのではないだろうか? 鶫誠士郎が物言わぬキャラに改変されたのは惜しい気がするが。大ヒットには至っていないみたいだが、中条あやみの金髪碧眼も、本人がハーフだからなのかよく似合っており、マンガの実写版としては成功の部類に入るかも。


私の評価…☆☆☆

ポチッとよろしく!

|

« 蜘蛛の巣を払う女 | トップページ | 第91回アカデミー賞結果速報! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニセコイ:

« 蜘蛛の巣を払う女 | トップページ | 第91回アカデミー賞結果速報! »