« 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ »

2019年5月26日 (日)

ハロウィン(2018)

Img_26052019_154734_338_x_480_

Img_26052019_154921_338_x_480_

劇場:MOVIX京都
監督・脚本:デヴィッド・ゴードン・グリーン
共同脚本:ダニー・マクブライド
原作(キャラクター創作):ジョン・カーペンター、デブラ・ヒル
製作:ジェイソン・ブラム、ビル・ブロック
音楽:ジョン・カーペンター
出演:ジェイミー・リー・カーティス、ジュディ・グリア、アンディ・マティチャック、ウィル・パットン、ニック・キャッスル、ハルク・ビルギナー、トビー・ハス、マイルズ・ロビンス、P・J・ソールズ 他

 

 

 〈久々の1980年代テイストなスプラッター・ムービー復活〉

 

 

 1978年公開「ハロウィン」のジェイミー・リー・カーティスが引き続き出演、同作の40年後を描くショッキングホラー。

 

 

 1978年、ハロウィンの夜、アメリカ・イリノイ州ハドンフィールドで精神病棟から殺人鬼マイケル・マイヤーズが脱走。彼は真っ白なハロウィンマスクを被り作業つなぎの出で立ちで次々に人々を惨殺していった。一人の女子高生ローリー・ストロードの命を狙うマイケルはすんでのところで射殺されたはずだが、遺体が消える。この恐怖の化身を、人々は畏怖の念を込めてブギーマンと呼んだ。事件から40年後の2018年。ハロウィンを間近に控え、40年前の凄惨な殺人事件の真相を追うジャーナリストのアーロン(ジェファーソン・ホール)とデイナ(リアン・リース)は、マイケルが収監されている精神病棟を訪ね、主治医のサルテイン(ハルク・ビルギナー)に話を聞く。サルテインによると、この40年間マイケルは一言も話さず、動機や感情は一切不明であった。病院を後にしたアーロンとデイナは、事件の被害者で唯一の生き残りローリー・ストロード(ジェイミー・リー・カーティス)の元へ。彼女は事件以来トラウマが残り気難しい人間になっており、マイケル・マイヤーズが人知を超えた恐怖の化身ブギーマンであることを主張し、それ以上話すことはないと二人を冷たくあしらう。家族と一緒に過ごすよりも、マイケルが再び目の前に現れることを想定し非常事態に備えてきたローリーは、娘のカレン(ジュディ・グリア)からは距離を置かれ、孫のアリソン(アンディ・マティチャック)からは心配されている。ハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転。警察が駆けつけたときには、同乗していた警察官や他の精神病患者は息絶え、マイケル・マイヤーズは忽然と姿を消していた。カレンは母の言葉を信じず、またアリソンはハロウィンパーティーに出向いている中、ローリーは再び街に解き放たれたブギーマンとの対峙を決意。40年の時を経て、再び恐怖に満ちたハロウィンが始まる…。

 

 

 タイトルに数字が無いので分かりにくいのだが、40年前に公開されたホラー映画の“正統な続編”である。今まで8作作られた続編や、ロブ・ゾンビ監督によるリブート版の設定は無かったことになっている。

 

 

 映画の中でもリアルに40年の月日が流れるのだが、第1作で殺されずに精神病棟に“収監”されていたマイケル・マイヤーズ(ブギーマン)。しかし、40年前に起きた事件の取材で来た新聞記者が、いらんちょっかいをかけたおかげて、当時の記憶が蘇ったのか、あのテーマ曲と共に大復活! 事件の生き残りであるエイミー(ジェイミー・リー・カーティス)を探すべく、関係者を次々と惨殺していく。

 

 

 マイケルとエイミーの関係性は作中で仄めかされるので、第1作は特に観ていなくても大丈夫であり、充分話にはついていける。何より第1作のヒロイン=ジェイミー・リー・カーティスが、今度は老体に鞭打って(笑)、またヒロイン役を張っているのに注目。自分が観に行ったとき、観客は第1作を全く知らない筈の10代後半から20代の女性が多かったのだが、

 

 「あのお婆ちゃんスゲー!」

 

とか言って盛り上がっていた。でも個人的には美人な孫娘アリソン(アンディ・マティチャック)と戦ってほしかったなぁ。

 

 

私の評価…☆☆☆

 

ポチッとよろしく!

|

« 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 名探偵コナン 紺青の拳(こんじょうのフィスト) | トップページ | 劇場版 響け!ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~ »