« 僕たちのラストステージ | トップページ | シャザム! »

2019年6月26日 (水)

アベンジャーズ/エンドゲーム

Img_22062019_160202_338_x_480_

Img_22062019_160303_338_x_480_

劇場:TOHOシネマズ二条
監督:アンソニー・ルッソ、ジョー・ルッソ
脚本:クリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリー
原作:スタン・リー、ジャック・カービー
製作:ケヴィン・ファイギ
音楽:アラン・シルヴェストリ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ロバート・ダウニー・Jr(藤原啓治)、クリス・エヴァンス(中村悠一)、マーク・ラファロ(宮内敦士)、
クリス・ヘムズワース(三宅健太)、スカーレット・ヨハンソン(米倉涼子)、ジェレミー・レナー(宮迫博之)、ドン・チードル(目黒光祐)、ポール・ラッド(木内秀信)、カレン・ギラン(森夏姫)、ブラッドリー・クーパー(加藤浩次〈極楽とんぼ〉)、ブリー・ラーソン(水樹奈々)
ダナイ・グリラ(斎賀みつき)、ベネディクト・カンバーバッチ(三上哲)、チャドウィック・ボーズマン(田村真)、トム・ホランド(榎木淳弥)、ゾーイ・サルダナ(朴璐美)、エヴァンジェリン・リリー(内田有紀)、テッサ・トンプソン(沢城みゆき)、レネ・ルッソ(滝沢久美子)、エリザベス・オルセン(行成とあ)、アンソニー・マッキー(溝端淳平)、セバスチャン・スタン(白石充)、トム・ヒドルストン(平川大輔)、ベネディクト・ウォン(田中美央)、ポム・クレメンティエフ(秋元才加)、デイヴ・バウティスタ(楠見尚己)、レティーシャ・ライト、ジョン・スラッテリー(仲野裕)、ティルダ・スウィントン(樋口可南子)、ジョン・ファヴロー(大西健晴)、ヘイリー・アトウェル(園崎未恵)、ナタリー・ポートマン(坂本真綾)、マリサ・トメイ、タイカ・ワイティティ(金谷ヒデユキ)、アンジェラ・バセット、マイケル・ダグラス(御友公喜)、ミシェル・ファイファー、ウィリアム・ハート、コビー・スマルダーズ
ヴィン・ディーゼル(遠藤憲一)、グウィネス・パルトロー(小林さやか)、ロバート・レッドフォード(田中秀幸)、クリス・プラット(山寺宏一)、サミュエル・L・ジャクソン(竹中直人)、ジョシュ・ブローリン(銀河万丈)、スタン・リー(高桑満) 他

 

 

 〈10年間の集大成! 一先ず、お疲れ様!〉

 

 

 アメリカン・コミックのマーベル・コミック『アベンジャーズ』の実写映画シリーズ第4作であり、完結作。様々なマーベル・コミックの実写映画を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う『マーベル・シネマティック・ユニバース』(MCU)シリーズとしては第22作目の映画である。最強、最悪の敵サノスによって全宇宙の生命の半分が消し去られてしまった世界を舞台に、サノスにリベンジするため、アベンジャーズが再び立ち向かう。

 

 

 アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、最強を超える敵“サノス”によって半分が消し去られる。大切な家族や友人を目の前で失い、地球に取り残された35億の人々のなかには、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者もいた。そんななか、地球での壮絶な戦いから生き残ったキャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)、ソー(クリス・ヘムズワース)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ハルク(マーク・ラファロ)、ホークアイ(ジェレミー・レナー)と、宇宙をあてもなく彷徨いながら新たなスーツを開発し続けるアイアンマン(ロバート・ダウニーJr.)は、決して諦めてはいなかった。大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結したヒーローたちは、失った者たちを取り戻す方法を探る。残された人々と今ここにいない仲間たちのために、アベンジャーズは最後にして史上最大の逆襲に挑む…。

 

 

 これはもう、これまでMCU21作品をずっと追いかけてきた人のためにあるようなもの。勿論、「アベンジャーズ」過去3作だけ観ても話が繋がる(元々のタイトルは「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー part2」なので前作の鑑賞は必須)から面白いとは思うが、サノスを倒すだけでは世界が元に戻らなかったからと、アントマンの力を借りて、量子世界を行来する(所謂タイムスリップ)ことになるため、過去作を一気に復習すると共に、各々の単体作品に出演していて既に死んでいるか行方不明になっているキャラを演じていた俳優、例えばナタリー・ポートマン(「マイティ・ソー」)やロバート・レッドフォード(「キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー」)、マイケル・ダグラス(「アントマン&ワスプ」)など、懐かしいメンツの再出演もあり(スタン・リーも!)、ファン冥利につきる内容である。

 

 

特にラスト30分は涙なくしては観られない! シリーズを牽引してきたキャラが死んでしまう衝撃はあったけど、ホント“お疲れさん!”って言いたい。1作目から出ている初期メンバーが“卒業”する本作。暫くは“アベンジャーズ・ロス”になりそう。

 

 

 でも、そうは言っていられない。6月28日からは「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」が公開され、これがどうやらMCU“フェーズ3”の最終作となる。“フェーズ4”という区分になるかどうかは未定らしいのだが、「ドクター・ストレンジ2」と「ブラック・パンサー2」は既に製作が決まっていて、更に「デッド・プール」の参入も決まったらしいので、まだまだファンの楽しみは尽きないと思う。監督のルッソ兄弟も暫くシリーズから離れるので、ユニバースの方向性がどう変わっていくのかにも注目だろう。「アイアンマン」の意志を継ぐ女性“アイアンハート”の登場にも期待がかかるところだ。哀しむのはホンの少しの間だけか。

 

 

 尚、28日から公開される「スパイダーマン/ファー・フロム・ホーム」の冒頭で、本作のネタバレがあるらしく、その関係上なのか本作の上映は、ヒット中にも拘わらず27日で完全に終了することになった。未見の人は早く観に行ってくださいね。

 

 

私の評価…☆☆☆☆☆

 

ポチッとよろしく!

|

« 僕たちのラストステージ | トップページ | シャザム! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 僕たちのラストステージ | トップページ | シャザム! »