« 〈ルネ・クレール生誕120年記念〉 巴里祭(1933年) 4Kデジタル・リマスター版 | トップページ | 神と共に 第2章:因と縁 »

2019年8月22日 (木)

神と共に 第1章:罪と罰

Img_22082019_155614_338_x_239_

劇場:MOVIX京都
監督・脚本:キム・ヨンファ
原作:チュ・ホミン「神と一緒に」
音楽:パン・ジュンソク
出演:ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、チャ・テヒョン、ド・ギョンス(D.O.)、マ・ドンソク、キム・ドンウク、イ・ジョンジェ、キム・スアン、オ・ダルス、イム・ウォニ、イ・ジュニョク、イェ・スジョン、チャン・グァン、チョン・ヘギュン、キム・スロ、イ・ギョンヨン、キム・ハヌル、ユ・ジュンサン 他

 

 

  〈“あの人”の登場で後編の期待値がMAXに〉

 

 

 韓国の人気ウェブコミックを原作に、死んだ人間が訪れるという冥界で起きる出来事の数々を驚愕のビジュアルで2部作として映画化したスペクタクル・アクションの前編。

 

 

 火災現場で少女を救い、壮絶な殉死を遂げた消防士ジャホン(チャ・テヒョン)は、弁護士カンニム(ハ・ジョンウ)、護衛ヘウォンメク(チュ・ジフン)、補助弁護士ドクチュン(キム・ヒャンギ)という3人の冥界の使者に迎えられる。彼らは、人は亡者になると49日間のうちに7つの地獄で裁判を受けなくてはならず、その裁判すべてを無罪でクリアした者だけが現世に生まれ変われるというルールを伝える。ジャホンが3人の使者に導かれ、殺人、怠惰、ウソ、不義、裏切り、暴力、天倫という7つの地獄を巡るなか、実直で勤勉な正義の亡者であるはずのジャホンの意外な過去が次々と暴かれ、冥界と下界を巻き込んだ壮絶なバトルが勃発する…。

 

 

 言うなれば韓国版「大霊界」といったところか。主人公は殉職した消防士。彼は3人の使者と共に49日間、7つの地獄を巡り、それぞれ地獄で裁判を受けなければならない。そして、全てに無罪となった亡者だけが、人間への転生を許される。

 

 

 ところが、スムーズに進むはずの地獄巡りが現世での事件によって妨害され、地獄での怪物と戦いながらのアドベンチャーと、現世での消防士の残された物語が同時進行していく。これがクライマックスまで絶妙に絡み合っていて面白い。3人の使者のうち、常に主人公に付く(憑く?)ヘウォンメク(チュ・ジフン)とドクチュン(キム・ヒャンギ)による能天気な会話も、どことなく楽しい。

 

 

 展開もシリアスとコメディが目まぐるしく移り変わり、140分という上映時間の長さは全く感じさせない。第1章だけでも話はキレイに収まっているのだが、ラストでの“ある人物”の登場により、第2章への期待値が最高潮に。エンドクレジット後に第2章のブッ飛んだ予告編があるので、こちらもお見逃しなく。

 

 

私の評価…☆☆☆☆

 

ポチッとよろしく!

|

« 〈ルネ・クレール生誕120年記念〉 巴里祭(1933年) 4Kデジタル・リマスター版 | トップページ | 神と共に 第2章:因と縁 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 〈ルネ・クレール生誕120年記念〉 巴里祭(1933年) 4Kデジタル・リマスター版 | トップページ | 神と共に 第2章:因と縁 »