« チャイルド・プレイ | トップページ | アルキメデスの大戦 »

2019年10月22日 (火)

天気の子

Img_22102019_215003_338_x_480_

Img_22102019_215143_338_x_239_

劇場:TOHOシネマズ二条
監督・脚本・原作:新海誠
製作:市川南、川口典孝
製作総指揮:古澤佳寛
音楽:RADWIMPS
主題歌:RADWIMPS「愛にできることはまだあるかい」、「グランドエスケープ (Movie edit) feat.三浦透子」、「風たちの声 (Movie edit)」、「祝祭 (Movie edit) feat.三浦透子」、「大丈夫 (Movie edit)」
声の出演:森嶋帆高…醍醐虎汰朗、天野陽菜…森七菜、天野凪…吉柳咲良、須賀圭介…小栗旬、須賀夏美…本田翼、須賀萌花… 香月萌衣、間宮夫人…島本須美、立花富美…倍賞千恵子、安井刑事…平泉成、高井刑事…梶裕貴、佐々木巡査…市ノ瀬加那、カナ…花澤香菜、アヤネ…佐倉綾音、スカウトマン木村…木村良平、占いオババ…野沢雅子、荒木研究員…荒木健太郎、神主…柴田秀勝、立花瀧…神木隆之介、宮水三葉…上白石萌音、勅使河原克彦…成田凌、名取早耶香…悠木碧、宮水四葉…谷花音 他

 

 

  〈前作よりも現実寄り〉

 

 

 「君の名は。」の新海誠監督によるファンタジーアニメ。東京へやってきた家出少年と不思議な力を持つ少女のせつない恋模様が描かれる。

 

 

 家出し、離島から東京へやってきた高1の少年・帆高。見知らぬ土地でやっとのことで、怪しげなオカルト雑誌のライターという仕事を見つける。しかし、彼のこれからを示唆するかのように、連日雨が降り続ける。そんなある日、帆高は陽菜という少女と出会う。ある事情を抱え、弟と2人で明るくたくましく生きる少女には不思議な能力があった…。

 

 

 面白い! これ監督、やりたい放題なんじゃない?(笑)「君の名は。」のセルフオマージュや、なぜか「傷だらけの天使」のオマージュもあるし、「TIGER & BUNNY」みたいにプロダクトプレイスメント(劇中において、役者の小道具として、または背景として実在する企業名・商品名(商標)を表示させる手法)もふんだんにやっている。異常気象が猛威を振るう東京で、地方出身の家出少年と、局地的に晴天を呼ぶことができる特殊能力を持った少女が出会い、生きることに迷い、初恋の衝動に葛藤する青春スペクタクルファンタジー。永遠に続く雨という、ありえない(というかあってほしくない)ビジュアルが美しく、且つリアルである。

 

 

 「君の名は。」の瀧と三葉もちらちら登場するのだが、「君の名は。」は元々「言の葉の庭」のパラレルワールドなので、作品の世界観が繋がっているのか。新海監督、もしかして「アベンジャーズ」化でも狙ってる(笑)? 「君の名は。」と比べ展開がかなり強引だが、前述のとおり映像は美しく環境問題という現実ともリンクさせた作品。映画として観る価値は十分にある。

 

 

私の評価…☆☆☆☆

 

ポチッとよろしく!

|

« チャイルド・プレイ | トップページ | アルキメデスの大戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャイルド・プレイ | トップページ | アルキメデスの大戦 »