« 天気の子 | トップページ | 守護教師 »

2019年10月22日 (火)

アルキメデスの大戦

Img_22102019_225053_338_x_480_

Img_22102019_225123_338_x_480_

劇場:シネプレックス小倉
監督・脚本・VFX:山崎貴
原作:三田紀房「アルキメデスの大戦」
製作:市川南
エグゼクティブ・プロデューサー:阿部秀司、山内章弘
プロデューサー:佐藤善宏、守屋圭一郎
音楽:佐藤直紀
出演:菅田将暉、柄本佑、浜辺美波、笑福亭鶴瓶、小林克也、小日向文世、國村隼、橋爪功、田中泯、舘ひろし、山崎一、矢島健一、奥野瑛太、角替和枝 他

 

 

  〈第二次世界大戦を経済の視点で捉えた傑作〉

 

 

 第二次世界大戦を数学者の視点で描いた、三田紀房の同名コミックを山崎貴監督が映画化した人間ドラマ。巨大戦艦の建造に異を唱える海軍少将・山本五十六と、彼に協力することとなった天才数学者が軍部に立ち向かっていく。

 

 

 1933年。欧米列強との対立を深め、軍拡路線を歩み始めた日本。海軍省は世界最大の戦艦を建造する計画を秘密裏に進めていた。この計画に異を唱える海軍少将の山本(舘ひろし)は国家予算の無駄使いだと証明するため、軍部の息がかかっていない元帝国大学の数学者・櫂(菅田将暉)に声をかける。だが、櫂は数学を偏愛し、大の軍隊嫌いという一筋縄ではいかない変わり者だった…。

 

 

 第二次世界大戦を描いた映画は、これまでにもたくさんあったが、これは戦争や戦艦大和を経済の視点で切った傑作だ。冒頭からいきなり戦艦大和の沈没シーンがあるのだが(予告編のアレです)、これは戦争映画ではない。描かれるのは海軍の次期艦艇を戦艦にするか、空母にするかの派閥対立。舘ひろし演じる空母派の山本五十六は、戦艦の建造費が安すぎるのに疑念を抱き、菅田将暉扮する数学の天才櫂直(かい・ただし)を雇うことに。後に明らかになる利権のからくりなどは、現代の日本にも通じるものがある。

 

 

 ただ、この映画はそんな皮肉な風刺に止まらない。戦艦大和は建造され、沈没したのは誰でも知っていることだし、それを描くだけじゃつまらない。ラストで平山造船中将(田中泯)から示される強烈なアンチテーゼには、思わずゾクッとした。これは“史実を元に創作したフィクション”だが、この国の行く先を一番分かっていたのはどの軍人なのか? とか思って観ると結構面白い。

 

 

私の評価…☆☆☆☆★

 

ポチッとよろしく!

|

« 天気の子 | トップページ | 守護教師 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 天気の子 | トップページ | 守護教師 »