« ジェミニマン(HFR版) | トップページ | 〈午前十時の映画祭10-FINAL〉 レオン 完全版(1996年 オリジナル版は1994年) »

2020年1月25日 (土)

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり

Img_25012020_225203_338_x_480_

Img_25012020_225312_338_x_480_

劇場:MOVIX京都
監督:アンディ・ムスキエティ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
原作:スティーヴン・キング「IT/イット」
製作:ロイ・リー、ダン・リン、セス・グレアム=スミス、デビッド・カッツェンバーグ
音楽:ベンジャミン・ウォルフィッシュ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ジェームズ・マカヴォイ(細谷佳正)、ジェシカ・チャステイン(高垣彩陽)、ジェイ・ライアン(小野大輔)、ビル・ヘイダー(諏訪部順一)、イザイア・ムスタファ(三宅健太)、ジェームズ・ランソン(神谷浩史)、アンディ・ビーン(平川大輔)、ジェイデン・マーテル(田谷隼)、ソフィア・リリス(近藤唯)、ジェレミー・レイ・テイラー(田村睦心)、フィン・ウォルフハード(平田真菜)、チョーズン・ジェイコブス(渡辺拓海)、ジャック・ディラン・グレイザー(小林由美子)、ワイアット・オレフ(地蔵堂武大)、ビル・スカルスガルド(多田野曜平)、ジャクソン・ロバート・スコット(宇山玲加)、ジョアン・グレッグソン(沢田敏子)、ティーチ・グラント(坂詰貴之)、ニコラス・ハミルトン(平井貴大)、ジェイク・シム (岡井カツノリ)、ローガン・トンプソン (榎木淳弥)、ステファン・ボガルト (田中正彦)、モリー・アトキンソン (恒松あゆみ)、ジョー・ボスティック(飛田展男)、グザヴィエ・ドラン(森宮隆)、スティーヴン・キング 他

 

 

  〈何気に豪華な大人キャスト〉

 

 

 2017年に公開し、世界中で大ヒットを記録したホラー「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」の続編。前作から27年後を舞台に、大人になったルーザーズ・クラブの面々が、再び“それ”と対峙する姿を描く。

 

 

 静かな田舎町デリーで、27年前と同様の連続児童失踪事件が発生。そんなある日、幼少時代に事件に見舞われ、真相に立ち向かったルーザーズ・クラブのメンバーの元に、「COME HOME COME HOME(帰っておいで…)」という不穏なメッセージが届く。“それ”が再び現れたことを確信した彼らは、かつてかわした約束を守るべく、町に戻ることを決意する。

 

 

 二部作の後編。前作で子供だった主人公とその仲間達が、大人になった27年後、再び殺人ピエロ“ペニーワイズ”に立ち向かう。子供の時のトラウマは勿論だが、仄かな恋愛も引きずっているため、緊張と緩和がバランスよくつけられていて面白い。大人キャストはジェームズ・マカヴォイに、ジェシカ・チャスティンと、何気に豪華。このところ気の強い役が多かったジェシカが、今回は何処か弱みのあるヒロインを演じていて、ホラーな場面でキャーキャー言っていて、なんか可愛い、と思った。

 

 

 ただ、前作を引きずる設定のため、長くなるのは仕方ないにしても、この内容で3時間近いのは長過ぎではないか? もう少しテンポアップして2時間半くらいにまとめても良かったのでは。少々ごちゃごちゃした展開もあるので、その辺が整理できていれば尚、良かったかもしれない。

 

 

私の評価…☆☆☆★

 

ポチッとよろしく!

|

« ジェミニマン(HFR版) | トップページ | 〈午前十時の映画祭10-FINAL〉 レオン 完全版(1996年 オリジナル版は1994年) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジェミニマン(HFR版) | トップページ | 〈午前十時の映画祭10-FINAL〉 レオン 完全版(1996年 オリジナル版は1994年) »