« アナと雪の女王2 | トップページ | シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション »

2020年2月25日 (火)

ゾンビランド:ダブルタップ

Img_25022020_222542_338_x_480_

劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ルーベン・フライシャー
脚本:レット・リース、ポール・ワーニック、デヴィッド・キャラハム
製作:ギャヴィン・ポローン
製作総指揮:ポール・ワーニック、レット・リース、レベッカ・リヴォ、ルーベン・フライシャー、デヴィッド・バーナド、ジャック・ヘラー、ダグ・ベルグラッド
音楽:デヴィッド・サーディ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ウディ・ハレルソン(小山力也)、ジェシー・アイゼンバーグ(中村悠一)、エマ・ストーン(本田貴子)、アビゲイル・ブレスリン(秋山ゆずき)、ロザリオ・ドーソン(藤貴子)、ゾーイ・ドゥイッチ(安達祐実)、アヴァン・ジョーギア(勝杏里)、ルーク・ウィルソン(山路和弘)、トーマス・ミドルディッチ(小川輝晃)、ビル・マーレイ(安原義人) 他

 

 

  〈前作より面白くなっている〉

 

 

 2010年に日本公開された人気ホラーコメディ「ゾンビランド」の続編。前作から10年が経過し、さらにゾンビ化が進んだ地球を舞台に、4人の男女の生き残りを懸けた戦いを描く。

 

 

 2009年、地球は爆発的なウィルス感染により人類はゾンビと化し、数少ない生き残りの1人で あるアメリカ・テキサス州の生存者、コロンバス(ジェシー・アイゼンバーグ)は「生き残るための32のルール」を作り、タラハシー(ウディ・ハレルソン)、ウィチタ(エマ・ストーン)、リトルロック(アビゲイル・ ブレスリン)ら仲間と共に、お互いを支え合ったり、裏切ってみたり、恋したり、親の気持ちになったりしながら、明るくゾンビ社会を生き抜いていた…。-あれから10年。2019年の地球はさらに激しくゾンビ化し、ヤツらはさらに進化を遂げていた! なんだかんだで“ファミリー”の4人は、さらにパワーアップさせた73のルールで、生き残りをかける!

 

 

 面白かった。10年前の前作は観てなくても楽しめるけど、やっぱり"あの人"が今回も出てくるので、観ておいた方がいい。もう70手前のお爺ちゃんだけど、元気にゾンビをブッ倒している(笑)。"I ain’t afraid o’ no ghost"のセリフには"モロにゴーストバスターズじゃねーか"とツッコミを入れたくなった(笑)。エンドロールも笑えるが、そのあとにもお楽しみがあるので、見逃さないように。因みにマーレイ爺ちゃんは最新作「デッド・ドント・ダイ」(4月3日公開予定)でも、元気にゾンビ退治している。ジム・ジャームッシュ初のゾンビ映画で、アダム・ドライバーやティルダ・スウィントンらと共に、ちょっとユニークなゾンビたちを倒していく予告編が公開されているので、公開を楽しみに待ちたい!

 

 

私の評価…☆☆☆★

 

ポチッとよろしく!

|

« アナと雪の女王2 | トップページ | シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アナと雪の女王2 | トップページ | シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション »