« ラストレター | トップページ | キャッツ »

2020年8月26日 (水)

記憶屋 あなたを忘れない

Img_26082020_135837_338_x_239_

劇場:アースシネマズ姫路
監督・脚本:平川雄一朗
共同脚本:鹿目けい子
原作:織守きょうや「記憶屋」
製作:石塚慶生(企画・プロデューサー)、内山雅博(企画・プロデューサー)、西麻美、市山竜次
製作総指揮:吉田繁暁
出演:山田涼介、芳根京子、泉里香、櫻井淳子、戸田菜穂、ブラザー・トム、濱田龍臣、佐生雪、須藤理彩、杉本哲太、佐々木すみ江、田中泯、蓮佛美沙子、佐々木蔵之介 他

 

 

  〈ストーリーに起伏がなく、つまらない〉

 

 

 「第22回日本ホラー小説大賞」で読者賞を受賞した織守きょうやの小説を、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介主演で映画化したヒューマンドラマ。

 

 

 大学生の遼一(山田涼介)は年上の恋人・杏子(蓮佛美沙子)にプロポーズするが、その翌日から彼女と連絡が取れなくなってしまう。数日後に再会した彼女は、遼一の記憶だけを失っていた。信じられない遼一は、人の記憶を消せるという都市伝説的な存在「記憶屋」のことを知り、大学の先輩で弁護士の高原(佐々木蔵之介)に相談して杏子の記憶喪失の原因を探り始める。幼なじみの真希(芳根京子)や高原の助手・七海(泉里香)らと調査を進めるうちに、遼一は人々の中にある忘れたい記憶やその奥にある思いや愛に触れていくことに…。

 

 

 一応、ジャンルとしてはホラー映画らしいが、全然怖くもないし、ホラーじゃないやん、これ。

 

 

 原作は未読だが、ストーリー展開も最初から最後までほぼ平坦だし、同じ監督で似たような話の「ツナグ」(松坂桃李主演 2012年)と比べても、大分見劣りしてしまう。折角役者は良いのに、これでは感動も何も無く残念な出来。

 

 

私の評価…☆☆

 

ポチッとよろしく!

|

« ラストレター | トップページ | キャッツ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラストレター | トップページ | キャッツ »