映画・テレビ

2015年4月14日 (火)

はじまりのうた

\"はじまりのうた\"
\"はじまりのうた\"
劇場:京都シネマ
監督・脚本:ジョン・カーニー
製作:ジャド・アパトウ 他
音楽:グレッグ・アレクサンダー
出演:キーラ・ナイトレイ、マーク・ラファロ、アダム・レビーン、ジェームズ・コーデン、ヘイリー・スタインフェルド、モス・デフ、カレン・ピットマン、ポール・ロメロ、キャサリン・キーナー、アンドリュー・セロン、エド・レニンガー 他


 《キーラ・ナイトレイの新たな魅力》


 「ONCE ダブリンの街角で」で世界的に注目を集めたジョン・カーニー監督の最新作。音楽が繋ぐ出会いと運命を描き、失意のヒロインに扮したキーラ・ナイトレイがギターを片手にその歌声を初披露する。


 ニューヨーク。シンガーソ\ングライターのグレタ(キーラ・ナイトレイ)は、同じミュージシャンの恋人・デイブ(アダム・レビーン)に裏切られ、失意のままライブハウスで歌っていた。そこに偶然居合わせた落ちこぼれの音楽プロデューサー、ダン(マーク・ラファロ)はグレタの才能\に惚れ、彼女にデビューの話を持ちかける。ところが、その録音はニューヨークの街角で行うという。セントラルパークやチャイナタウン、橋の下、路地裏、ビルの屋上、地下鉄のホームなど、グレタのゲリラレコーディングは続いていくが、この無謀な企画が小さな奇跡を起こし始める。やがてアルバムが完成したその日、誰も予\想できなかった最高のはじまりが待っていた…。


 今年はこういう“音楽”が1つのテーマになっている良作の映画が多い。邦画の「くちびるに歌を」にしてもそうだが、映画の内容にも雰囲気にも合った音楽は、自然と人の心に染みてくる。


 心に傷を負った主人公グレタとダン。この2人が偶然に出会うところから感動的で、この2人が自分達の音楽を通して、新たな一歩を踏み出す姿が非常に爽やかに描かれている。また、ほぼ全編を通して何らかの音楽が流れているため、ミュージカルではないものの、音楽劇としても楽しめる。


 デモCDの製作に於いて、スタジオ録音でもライブ録音でもない、“青空”レコーディングという発想も面白いなと思ったが、キーラ・ナイトレイが、あんなにキュートな歌声の持ち主だとは思わなかった。しかもそこそこ上手くてビックリである。彼女と音楽といえば、出演作がミュージカル化したり(出世作でもある「ベッカムに恋をして」)、舞台に出演オファーがあったり(「マイ・フェア・レディ」結局実現せず)という事はあったが、本人が歌うという事は今まで無かった。今後は、もしかしたらミュージカル映画等にオファーがくるかもしれないし、本来は歌手であるアダム・レビーンもこの映画で役者としての道が開けたかもしれない。微かな希望の光が見えるラストも良く、元気になれる映画である。


私の評価…☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月10日 (金)

唐山大地震

\"唐山大地震\"
\"唐山大地震\"
劇場:塚口サンサン劇場
監督:馮小剛
脚本:蘇小衛
原作:チャン・リン「唐山大地震」
音楽:王黎光
主題歌:王菲「心經」
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):徐帆(高島雅羅)、張静初(相武紗季)、李晨(佐藤拓也)、張子楓(芦田愛菜)、張家駿(磯辺蒼太)、陸毅(戸谷公人)、張国強(佳月大人)、王子文(楠見藍子)、楊立新(紺野相龍)、呂中(安芸けい子)、詠梅(友近)、劉莉莉、陳道明(佐々木勝彦)、陳瑾(水野ゆふ) 他

※吹替版キャストは4年前の試写会時と同じもの。今回当初は字幕版のみの公開予\定だったが、多くの劇場スタッフの熱意により、一部の劇場で吹替版も上映されることになった。

 《巨大地震によって引き裂かれた家族の運命》

 20世紀最大の地震被害といわれる、唐山地震をモチーフに描いた小説「唐山大地震」(原題「余震」)を映画化。監督は中国のスピルバーグと呼ばれる馮小剛(フォン・シャオガン)で、中国では2010年7月に公開され中国映画歴代1位の興収記録となった。日本では当初、2011年3月26日に公開予\定だったが、公開直前の3月11日に東日本大震災が発生し、公開延期となっていた。

 1976年7月28日。唐山市に住む家族を未曾\有の大地震が襲う。父は家に取り残された2人の子供(張子楓=チャン・ツイフォン、張家駿=チャン・ジアージュン)を助けようと家に飛び込むが、建物が倒壊し命を落としてしまう。翌朝、一人絶望の淵にいる母親(徐帆=シュイ・ファン)の元に、子供たちが瓦礫の下で奇跡的に息をしている事が伝えられる。

 「両方の子供を救って…。」

と救助を懇願する母親。だが時間は迫り、救出できるのは片方だけだという、あまりにも過酷な選択に迫られる。

 「息子を…」

泣き崩れる母親。そして、その消え入るような声は娘の耳にも届いていた。

 時は流れ、娘の死を思い続けながら母親は生きていた。そして絶望的な状況から奇跡的に生き延びていた娘(張静初=チャン・チンチュー)も養父母の元、成長していたのだ。

 今、32年の時を経て、親子の運命が大きく動きだす…。

 4年前の震災で、公開延期になっていた映画は、公表\されているものだけでも十\数本ほどあったと思うが、その殆どは、数か月から1年程で劇場公開されたり、最悪でもDVDスルーされるなど、何らかの形で封印が解かれ日の目を浴びる事ができた。恐らく最後まで残っていたのは、この映画なのではないか。通常このような形で公開時期を逃してしまうと、完全封印されてしまう事が多く、ここはDVDスルーではなく封切に踏み切った関係者に拍手を送りたい。

 さて、なぜこの映画が封印されていたのかというと、やはり地震そのものを描いた部分があるからで、そこに割いた時間は短いものの、映画の冒頭には唐山地震、クライマックスにはその32年後に起こる四川地震が、随所にCGを使いながらもかなりリアルな描写で描かれている。

 だが、この映画はディザスター映画ではない。地震によって引き裂かれた家族の喪失と再生の物語であり、究極の選択の末に娘を助けなかった母と、隻腕となりながらも助けられた弟、奇跡的に死体置き場で蘇生し母親に見捨てられたと思っている娘の3人を軸に、壮大な人間ドラマが繰り広げられる。

 唐山地震と四川大地震の映像が、あまりにもインパクト大なため、その人間ドラマの部分がやや冗長な感があるが、しっかりと作り込んでいるため飽きてくるような事はない。さり気なくその32年間の中国における高度成長を、そのドラマ部分に織り込んでいるし、主人公の母や養父母は言わば時代に取り残されていく古い時代の、そして主人公とその弟は新しい中国の象徴として描いているのも興味深い。

 残念なのは、松竹系で拡大公開予\定だった4年前と違い、今回は全国約20スクリーン(現時点 今後増える可能\性あり)での限定公開となってしまった事。実はこの映画、中国初のIMAX方式で製作された映画なのだが、日本では殆どの劇場で35mmフィルムでの上映となっている。もしかしたら今、フィルムのプロジェクターが残っている映画館が少なくなっているのかもしれないが、前述のとおりこの映画はスペクタクルを楽しむ映画ではない。逆に被災者を勇気づける映画であると思うので、もう少し多くの映画館で公開してほしいものだ。

私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 6日 (月)

くちびるに歌を

くちびるに歌を
くちびるに歌を
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:三木孝浩
脚本:持地佑季子、登米裕一
原作:中田永一「くちびるに歌を」
音楽:松谷卓
主題歌:アンジェラ・アキ「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」
出演:新垣結衣、木村文乃、桐谷健太、恒松祐里、下田翔大、葵わかな、柴田杏花、山口まゆ、佐野勇斗、室井響、朝倉ふゆな、植田日向、高橋奈々、狩野見恭兵、三浦翔哉、渡辺大知、眞島秀和、石田ひかり(特別出演)、木村多江、小木茂光、角替和枝、井川比佐志、鈴木亮平(声の出演)、前川清(声の出演) 他

 《笑わないガッキーは新鮮》

 2008年の全国学校音楽コンクールの課題曲となった「手紙 拝啓 十五の君へ」。その作者であるアンジェラ・アキが全国の中学生に会いに行き対話をするというテレビのドキュメンタリー番組から発想を得た同名小説を実写版「アオハライド」の監督で映画化。

 長崎県の五島列島にある中五島中学校。産休に入る音楽教師(木村文乃)の代理として、数年ぶりに故郷に戻った柏木ユリ(新垣結衣)。東京でピアニストとして活躍していたという美人の柏木に興奮する生徒たちをよそに、柏木はなぜか冷たい態度で頑なにピアノを弾こうとしない。嫌々ながら合唱部の顧問を引き受けた柏木は、もともと女子だけの合唱部に男子を入部させ、混声での全国コンクール出場を決めてしまい、合唱部の部員たちは大混乱する。

 コンクールの課題曲は「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」。柏木は部員たちに15年後の自分へ手紙を書くよう言う。そこには、普段明るく見せていてもそれぞれ悩みや苦しみを抱え、だからこそ仲間とひとつになって歌う合唱に救いを求める生徒たちの姿があった。遠ざかっていたピアノにも生徒たちにも向き合うようになっていく柏木。そして迎えた本番当日、ある事件が起きる…。

 このところ、音楽を1つのテーマにした実写やアニメが多いが、これはその中でも爽やかな感動が残る映画だ。

 日々の生活の中で、様々な問題や悩みを抱え、生きる意味さえ失おうとしている生徒たちと、過去に最愛の人を事故で失ってしまったトラウマから逃れられず傷ついてきたヒロインとの真っ直ぐなぶつかり合いに、心を動かされる。

 自分が学生だった頃と、今とでは教育問題が変わっているとは思うが、昔は「金八先生」などに代表されるように、生徒の家庭にまである程度介入して、いじめ等の問題を解決しようとする先生も少なくなかった。先日、ある新聞記事を読んだのだが、今はそれが殆どできなくなっていて、その分、その子が発するSOSが感じ取れなくなっているのではないか、だから殺人事件にまで発展するのではないか、と書かれていた。確かにそれは一理あり、昔は例えばいじめがあったとしても、先生たちが何らかの形で介入することによって歯止めがかかり、死に関わるような最悪な事態は回避できていたのだ。この映画ではさすがにいじめ問題は描かれないが、生徒たちと真剣に向き合う事で、自分のトラウマも克服していくという、どこか今の社会で失われてしまいつつある人間ドラマが描かれている。こんな先生…いや、こんな人がそばにいたらなぁなんて、ちょっと思った。

 そして、何といっても劇中流れる音楽がいい。アンジェラ・アキのテーマ曲は勿論だが、音楽担当に映画「いま、会いにゆきます」(2004年)やTV番組「大改造!!ビフォーアフター」の松谷卓を起用しているのは、多分ベストな選択だと思う。

 再びキャストに話を移すと、いつもはガッキースマイルと呼ばれる笑顔がキュートな新垣結衣が、それを封印し、いつになくシリアスな演技をしているのが新鮮に写る。恒松祐里や葵わかなといった生徒役のキャストもオーディションで選ばれただけあって、演技だけでなく合唱も素晴らしい。クライマックスの合唱シーンは「スウィングガールズ」(2004年)を観た時と似たような感覚があり、ハーモニーの素晴らしさに鳥肌が立った。

私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年4月 1日 (水)

リトル・フォレスト 冬・春

\\\"リトル・フォレスト 冬・春\\\"
劇場:MOVIX京都
監督・脚本:森淳一
原作:五十\嵐大介「リトル・フォレスト」
音楽:宮内優里
主題歌:FLOWER FLOWER(冬編「冬」・春編「春」)
出演:橋本愛、三浦貴大、松岡茉優、温水洋一、桐島かれん、イアン・ムーア(冬編のみ)岩手太郎(春編のみ)、北上奈緒、佐藤さち子、千葉登喜代、小島康志(冬編のみ)、篠川桃音、照井麻友(冬編のみ)、栗原吾郎(冬編のみ)、坂場元(冬編のみ)、渡辺佑太朗(冬編のみ) 他


 《殆ど進まないストーリーなのに、なぜか見入ってしまう》


 五十\嵐大介の同名コミックを実写映画化した人間ドラマ。故郷での自給自足の生活を通して、都会で失った自信や生きる力を取り戻していくヒロインの姿を、旬の食材を使った料理を通して描く。東北の四季を映し出した4部構\\\成で2回に分けて公開するもので、本作はその後半2部作だ(「夏・秋編」は昨年8月公開)。


 秋の終わりに、5年前の雪の日に突然姿を消した母・福子(桐島かれん)から1通の手紙が届き、いち子(橋本愛)は今までやこれからの自分を思い、心が揺れ始める。そうした日々の中でも季節は巡り、雪解けとともに春の足音も近づいてくる。来年もここにいるかどうかわからなくなったいち子は、春一番で作付けするジャガイモを今年は植えるかどうか迷うが…。


 前回同様、セミ・ドキュメンタリーっぽい作りで、いち子が作る料理が実に美味しそうで、観ていると非常にお腹が空いてくる(笑)。


 前回の2部作ではストーリーが殆ど進展せず、大部分の伏線がこの後半2部作へと丸投げにされていて、当然今回はこれが回収されていくのだが、相変わらず話の進み具合はスローテンポだ。それでもついつい見入ってしまうのは、前作でも見られた東北の景色の素晴らしさと、橋本愛が劇中で実際に調理している料理がいかにも美味しそうに写っているからであろう。


 伏線の回収が最も加速するのは、ラストの「春」編で、都会の生活に違和感を感じ故郷に戻ってきた主人公が、果たしてこのままの生活でいいのか、あるいはまた都会に戻った方がいいのか、といった葛藤が描かれ、ここで初めて周りの親友役である三浦貴大や松岡茉優らの役割が大きくなってくるのだが、さてヒロインはどちらを選択するのかは見てのお楽しみとしておこう。クライマックスの村おこし(?)の踊りも、なんだかほのぼのとしていて、僕は楽しめた。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月19日 (木)

〈新・午前十時の映画祭〉俺たちに明日はない

〈新・午前十時の映画祭〉俺たちに明日はない
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:アーサー・ペン
脚本:デヴィッド・ニューマン
製作:ウォーレン・ベイティ
音楽:チャールズ・ストラウス
出演:フェイ・ダナウェイ、ウォーレン・ベイティ、マイケル・J・ポーラード、ジーン・ハックマン、エステル・パーソンズ、デンヴァー・パイル、ジーン・ワイルダー、エヴァンス・エヴァンス、ダブ・テイラー 他


 《“アメリカン・ニューシネマ”屈指の名ラストシーン》


 今年度の「第二回 新・午前十時の映画祭」Group Bの映画館での最終上映作品。尚、4月からは「第三回〜」が開催される。


 1960年代後半から70年代にかけて、反体制的な人間の心情を綴った“アメリカン・ニューシネマ”と呼ばれる映画が一世を風靡したが、この「俺たちに明日はない」(1967年)は、その先駆的な作品。


 世界恐慌下のアメリカ・テキサス。刑務所を出所してきたばかりのクライド(ウォーレン・ベイティ)が例によって駐車中の車を盗もうとした時、近くの2階から声をあげて邪魔をしたのが、その車の持ち主の娘ボニー(フェイ・ダナウェイ)だった。2人にはこれが初めての出会いだったが、クライドはボニーの気の強さに、ボニーはクライドの図太さに、惚れ込んでしまった。2人一緒ならば怖いものなしと彼らは、町から町に渡りながら次々と犯行を繰り返していく。程なくガスステーションの店員だったC・W(マイケル・J・ポーラード)を加え仲間は3人になる。しかし銀行強盗の最中にC・Wのヘマによりクライドは遂に人を殺すことになる。まだ顔の割れていないボニーを家に帰そうとするクライドだがボニーは残ると伝える。2人の想いは募るがクライドはボニーを抱くことができなかった。クライドの兄バック(ジーン・ハックマン)とその女房ブランチ(エステル・パーソンズ)を加え5人となったが、この兄夫婦とボニーはそりが合わなかった。一行はまだ手配書が出回っていないと思われるミズーリに移るが、すぐさま隠れ家を警察に突き止められ銃撃戦の末辛くも逃れる。5人の犯行はその後も続き、活躍の場も次第に広くなり世間の注目も増していった。ある日彼らを追跡していたテキサス警備隊隊長を捕まえ辱めを与える。銀行強盗を更に重ねる一行だが、ボニーとブランチの諍いも抜き差しならないところまで来ていた。ホームシックにかかったボニーのため一行は彼女の故郷に向かう。しかしボニーの母は別れ際に犯罪者となった娘に冷淡な態度をとるのだった。アイオワに移った一行だが、滞在中のモーテルで保安官たちに囲まれてしまう。装甲車すら出動した激しい撃ち合いの末、バックとブランチは重傷を負ってしまった。その晩は何とか包囲網を突破した一行だったが、翌朝再び急襲される。傷を負いながらもクライドとボニー、C・Wは何とか逃げ出したが、バックは死にブランチは逮捕される。3人は、隠れ家を求めて逃走を続ける。そして唯一世間に名前の知られていないC・Wの父親の農場に辿り着き、そこで傷を癒すのだった。復讐に
燃えるヘイマーは巧みな話術でブランチからC・Wの名前を聞き出す。ボニーは自分たちのことを詩にまとめ新聞で発表する。それを読み喜ぶクライドは遂にボニーと愛を交わす。C・Wの父親は息子の命と引き換えにボニーとクライドの隠れ場所をヘイマーに密告した…。


 “アメリカン・ニューシネマ”の傑作は、過去の「午前十時の映画祭」でも、「卒業」、「明日に向かって撃て」、「イージー・ライダー」、「真夜中のカーボーイ」ときて、何でこれが取り上げられないのか、と思っていたのだが、やっと観ることができて嬉しい。


 1930年代に実在した、バロウ・ギャングの実話を基にした映画で、ボニーとクライドの出会いから、その終焉までを描くもので、これまでにテレビドラマを含めて何度か映像化されているが、恐らく本作が一番有名だろう。


 アメリカン・ニューシネマと呼ばれる作品は、その殆どが低予算で作られているのだが、本作もロード・ムービーのような形をとっており、映画の規模としては小品である。そんなこの映画が、後世に残る名作となったのは、ボニーとクライドという、時代のカリスマ的な人物をテーマに取り上げたということもあるだろうが、それをウォーレン・ビーティとフェイ・ダナウェイというフレッシュなキャスティングで作ることができたということが挙げられるだろう。当時まだ新人同然だったフェイ・ダナウェイは、この映画の成功によって一躍スターダムに伸し上がっていった。


 そしてやはり最大の見どころであるラストシーンである。2人の生きざまはここに集約されていると言ってもいい。不意打ちで実際に放たれた銃弾の数は150発とも200発ともいわれているが(他にも諸説あり)、その内の87発が命中し、息絶えていく、“死のダンス”とも称される名シーンで、スローモーションが実に効果的に使われている。後に「ワイルドバンチ」(1969年)や「ゲッタウェイ」(1972年)等で多用されるのだが、アウトロー達の儚くも美しい生きざまを表す、映像の美学である。


私の評価…☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月17日 (火)

きっと、星のせいじゃない。

きっと、星のせいじゃない。
きっと、星のせいじゃない。
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ジョシュ・ブーン
脚本:スコット・ノイスタッター、マイケル・H・ウェバー
原作:ジョン・グリーン「さよならを待つふたりのために」
製作:ウィック・ゴッドフリー 他
音楽:マイク・モーギス
日本公開版イメージソング:AAA「Lil' Infinity」
出演:シャイリーン・ウッドリー、アンセル・エルゴート、ナット・ウルフ、ローラ・ダーン、サム・トランメル、リリー・ケンナー、ウィレム・デフォー、ロッテ・ファービーク、マイク・バービリア 他


 《愛し愛されることの喜び》


 原作者ジョン・グリーンが、16歳で亡くなった友人をモデルに書き上げ、「ニューヨーク・タイムズ」の2012年ベストセラーリスト第1位となった小説を基に、「(500)日のサマー」(2009年)の脚本コンビが映画化。


 ヘイゼル・グレース(シャイリーン・ウッドリー)は末期の甲状腺ガン患者。今は薬が効いているけれど、学校にも行けず、友達もなく、酸素ボンベが手放せないでいた。


 ある日ヘイゼルは、両親の勧めでガン患者の集会に嫌々ながらも参加。そこで出会った骨肉腫のため片脚を切断したガス(アンセル・エルゴート)に好意を寄せられるが、ヘイゼルは傷つけまいと彼と距離を置こうとする。そんなヘイゼルのためにガスが彼女の好きな作家(ウィレム・デフォー)にメールしたところ、返信を貰う。二人は互いに特別な思いを持ちつつ友達としての関係のまま、小説の「その後」を教えてもらうために、オランダへ行くことになる。誰よりも好きなのに「友達」として旅行に出る二人。彼らを待っていたのは、作家からの予期せぬ言葉だった。そして迎えた旅の最終日、ガスはヘイゼルにある重大な事実を打ち明ける…。


 難病ものの映画やドラマは、たいてい悲劇的な結末を迎えるため、暗い内容のものが多いが、最近は難治性のガン(悪性神経鞘腫)からの生還を描いた快作「50/50」(2011年)のように明るい映画も見られる。本作も、最後はちょっぴりしんみりさせられるが、全体的にかなり爽やかな雰囲気が感じられる映画だ。


 何よりヒロイン役のシャイリーン・ウッドリーがいい。彼女は昨年公開された「ダイバージェント」で既に注目されていたが、こちらのほうがそれの何倍もいい演技をしている。ある程度の命の期限が示されているからこその、誰かを愛すること、または誰かから愛されることの尊さ、それが育まれることによって、2人がその喜びに気付いていくさまが、実に明るく描かれている。


 ただ、原作からは設定や、細かいストーリーが若干変更されたりしているので、原作を読んでから鑑賞した人は、違和感を感じる人もいるかもしれない。でもそこはさすがに「(500)日のサマー」の脚本家。見事なアレンジで、テンポよくラストの感動へと誘ってくれた。


私の評価…☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月11日 (水)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ[R15+版]

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ[R15+<br />
 版]
フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ[R15+<br />
 版]
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:サム・テイラー=ジョンソン
脚本:ケリー・マーセル
原作:E.L.ジェイムズ「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」
製作:マイケル・デ・ルーカ 他
音楽:ダニー・エルフマン
出演:ダコタ・ジョンソン、ジェイミー・ドーナン、エロイーズ・マンフォード、ヴィクター・ラスク、カラム・キース・レニー、ジェニファー・イーリー、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ルーク・グライムス、リタ・オラ、マックス・マルティーニ 他


 《「ナインハーフ」お子ちゃま版》


 主婦が書いた女性向けのエロティックな小説でアメリカではベストセラーとなったものを映画化。基は映画にもなった「トワイライト」シリーズの同人誌的な形で書かれた(つまりはそのファン層向け)ものなので、日本公開版では高校生でも観られるように修正が施されていたが…。


 若くして大成功を収めた巨大企業CEO・グレイ(ジェイミー・ドーナン)のもとに、学生新聞の取材のために女子大生・アナ(ダコタ・ジョンソン)が訪ねてくる。誰もが憧れるような容貌と富を持つグレイに、緊張しながら質問をするアナ。そんな彼女に、君の事を知りたいと聞き返すグレイ。次第に親密になる中で彼は、君を放っておけないと言いながら私に近づくなと突き放したり、アナに触れながら恋愛などしないと言い放ったり、さらにはそんな自分など理解できないだろうと告げる。しかしアナの教えてほしいと願うその言葉で、禁断の扉が開かれる…。


 この映画、殆ど何の予備知識も入れずに観に行ったのだが、何もかも中途半端で終わるなと思っていたら、原作が三部作らしい。果たして、今後続編でも作るのだろうか?


 まぁ、SMの倒錯した世界観ということくらいは頭に入れていたので、どういう映像が流れるかは、ある程度想像がついたのだが、そんなにたいして驚くようなものではなかったな。たまたま、隣に中国からの留学生っぽい女性2人がいたのだが、その娘らがそういったシーンを観ては、変に興奮して喋りあっていて、そっちの反応を見ている方が面白かった(笑)。


 しかし、今時「愛のコリーダ」じゃあるまいし、あんなボカシだらけの映像を見せられても、ちっとも面白くない。日本ではなくアメリカ側で入れられたものらしいが、雑すぎる。画面の半分以上が真っ黒になる部分もあり、これでは原作および製作スタッフを冒涜していると言ってもいいぐらいだ。深夜アニメのお色気場面などでよく見る“光差し”の方がまだマシである。尚、観客からの不満の声が配給会社に届いたのか、現在は僕が観に行った所を含む数か所の映画館で、オリジナルに近い[R18+版]に切り替わっている。だからといって、2度見ようとは思わないが。


 映画の内容は若年齢層を意識してか、あの「ナインハーフ」を数倍甘くしたようなタッチで好みが別れそうだが、ヒロインを演じるダコタ・ジョンソンが、なかなか頑張っていて好印象だが、それもそのはず彼女は「ワーキング・ガール」の女優メラニー・グリフィスと、その前夫で俳優のドン・ジョンソンとの間にできた娘なのである。どことなく雰囲気がお母さんにソックリだ。先頃行われた今年度のアカデミー賞授賞式にもプレゼンターとして出ていたが、今後が大いに期待される女優である。


私の評価…☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 8日 (日)

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:デヴィッド・コープ
脚本:エリック・アロンソン
原作:キリル・ボンフィリオリ「チャーリー・モルデカイ(1) 英国紳士の名画大作戦」
製作:アンドリュー・ラザー、ジョニー・デップ 他
音楽:マーク・ロンソン、ジェフ・ザネリ
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):ジョニー・デップ(平田広明)、グウィネス・パルトロー(岡寛恵)、ユアン・マクレガー(森川智之)、ポール・ベタニー(西凛太朗)、オリヴィア・マン(大久保佳代子)、ジョニー・パスボルスキー(志村知幸)、マイケル・カルキン(村松康雄)、ウルリク・トムセン(金尾哲夫)、ガイ・バーネット(KENN)、ジェフ・ゴールドブラム(大塚芳忠)、ポール・ホワイトハウス(牛山茂)、マイケル・バーン(大木民夫) 他


 《ジョニデ主演史上最も酷い映画》


 ジョニー・デップが怪しいちょびヒゲの美術商に扮し、何者かに盗まれたゴヤの名画を取り戻そうとする姿を描く、アクション・アドベンチャー。


 イギリス・オックスフォードで、ゴヤの幻の名画が何者かに盗まれた。英国国内諜報機関「MI-5」は、ちょびヒゲがトレードマークのインチキ美術商、チャーリー・モルデカイ(ジョニー・デップ)にその捜査を依頼する。彼は最強の用心棒・ジョック(ポール・ベタニー)とともに名画を探すハメになるが、その名画には世界を揺るがす財宝の秘密が隠されていた。そんな中、富豪やマフィア、国際テロリストを巻き込み、イギリス、ロシア、アメリカへと世界中を駆け巡る争奪戦が勃発。


 果たして、モルデカイは財宝に辿り着く事ができるのか? 幻の名画の行方は…?


 この映画を観ると、映画の予告編というものが、如何に工夫された作りになっているのかが、よく分かる。日本公開版の予告編はシャーリー・バッシーや、トム・ジョーンズの曲が流れ、やたらと格好いいのだが、本編にはそんな曲は一切使われておらず、本当に真剣に作っているのかとも思えるような、醜い映画になってしまった。


 何せ、映画全体がサブいギャグや、お下劣な下ネタのオンパレードである。グウィネス・パルトロー扮するチャーリーの妻・ジョアンナのヒゲアレルギーは、原作にもあるのかもしれないが、嘔吐く場面が何度もあるのは汚らしいしさすがに辟易した。


 主人公がイタすぎるキャラで、ちっとも活躍しないのも不満。普通スラップスティック・コメディーは、シッチャカメッチャカになった挙げ句、それでも主人公をちゃんと活躍させて、結末を迎えるが、この映画はストーリー展開もユルユルだし、主人公に何度も殺されかけられる(笑)ポール・ベタニー扮する用心棒ジョックの方が主人公より目立ってしまうという、締まらないものになってしまった。本当は途中で映画館を出たくなったが、そこはとりあえず我慢した。久しぶりに「金返せ!」と思った映画である。


私の評価…★

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年3月 7日 (土)

ANNIE アニー

ANNIEアニー
ANNIEアニー
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:ウィル・グラック
脚本:ウィル・グラック、アライン・ブロッシュ・マッケンナ
原作:ハロルド・グレイ「Little Orphan Annie」、およびそのブロードウェイ・ミュージカル版「アニー」(脚本:トーマス・ミーハン)
製作:ウィル・スミス 他
音楽:グレッグ・クスティン
主題歌:平井堅「Tomorrow」、Flower「TOMORROW 〜しあわせの法則〜」(日本語吹替版テーマソング)
出演(吹替版声優 ※判明しているもののみ):クヮヴェンジャネ・ウォレス(佐々木りお)、ジェイミー・フォックス(中井和哉)、ローズ・バーン(水野貴以)、ボビー・カナヴェイル(大塚芳忠)、キャメロン・ディアズ(本田貴子)、アドウェール・アキノエ=アグバエ(楠大典)、ドリアン・ミシック(志村知幸)、トレイシー・トムズ(斉藤貴美子)、デイヴィッド・ザヤス(西村太佑)、ニコレット・ピエリーニ(稲葉菜月)、アマンダ・トロヤ(佐多明理)、エデン・ダンカン=スミス(鎗水遙)、ゾーイ・マーガレット・コレッティ(菊地心寧) 他

〈カメオ出演〉パトリシア・クラークソン(堀井千砂)、マイケル・J・フォックス(宮川一朗太)、ミラ・キュニス(小林未沙)、アシュトン・カッチャー(小林親弘)、リアーナ(鶏冠井美智子) 他


 《舞台を現代に変えた結果、オリジナルとは全く別物になってしまった》


 ハロルド・グレイによる1924年のコミックストリップを基に製作されたブロードウェイ・ミュージカルを、舞台を現代に置き換えて映画化。この題材自体は戦前から何度か映画化されているが、ミュージカル版の映画化は1982年(監督:ジョン・ヒューストン、主演:アイリーン・クイン)に続き2度目(ディズニーのテレビ映画を含むと3度目)。


 ニューヨーク、マンハッタン。携帯電話会社のCEOでNY市長候補のベンジャミン・スタックス(ジェイミー・フォックス)は選挙キャンペーン中、車にはねられそうになった少女を偶然助ける。その少女の名前はアニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)。4歳の頃、レストランに置き去りにされ、今は横暴なハニガン(キャメロン・ディアズ)が営む施設で暮らしている。


 10歳になるアニーは、毎週金曜日の夜、そのレストランの前で迎えにくるはずのない両親を待ち続けていた。スタックスはそんなアニーの境遇を選挙戦に利用しようと考え、彼女を引き取り、超高層ビルのペントハウスで一緒に暮らし始める。アニーも自分が有名になれば両親が名乗り出てくるかもしれないと考え、スタックスの選挙戦を利用し、協力するが、次第に二人の心に絆がめばえていき…。


 これって、オリジナルから舞台やキャラクターの設定を変更する必要が、果たしてあったのだろうか? 確かに、ミュージカル版そのままの映画化は、すでに一度やっていることなので、同じ事をやっても仕方がないとは思うが、あまりにも作品の出来が悪いので、ミュージカル好きとしては頭にくる。


 なんですか? あの食物を口から吐く場面は。見せ方にしても汚らしいし、オリジナルにあんなシーンあったっけ? なんて思ってしまう。お話自体もなんだか軽いノリになってしまって、ミュージカルらしい魅力が一つも無い。


 楽曲だけは、違和感が出ないように若干アレンジされてはいるものの、ほぼそのまま使われている。この楽曲が元々いいものなので、まぁ、映画そのものは最低限まともに観られるように作られてはいるが、欠点だらけのシロモノである。


 しかしキャメロン・ディアズがまさかこんな役を演じるとは思わなかったな。「ベスト・フレンズ・ウェディング」や「普通じゃない」(共に1997年)で、歌のヘタさ加減は分かっているはずなのに。ヒロインを演じるには薹が立ってきたとはいえ、あまりにケバケバしく1人だけ浮きまくっている。この人は、まだまだキュートな役の方が似合っていると思うのだが。


私の評価…☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2015年3月 3日 (火)

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム
ジョーカー・ゲーム
劇場:TOHOシネマズ二条
監督:入江悠
脚本:渡辺雄介
原作:柳広司「ジョーカー・ゲーム」
音楽:岩崎太整
主題歌:KAT-TUN「Dead or Alive」
出演:亀梨和也、深田恭子、小澤征悦、小出恵介、山本浩司、渋川清彦、RICHARD SHELTON、JASPER BAGG、田口浩正、光石研、嶋田久作、千葉哲也、伊勢谷友介 他


 《面白いが、何だか「ルパン三世」っぽい》


 第30回吉川英治文学新人賞ほか数々の賞に輝いた、柳広司のミステリー小説を映画化。


 第二次世界大戦前夜。上官の命に背き、極刑を言い渡された青年(亀梨和也)は刑の執行直前、謎の男・結城(伊勢谷友介)から救いの手を差し伸べられる。だがその交換条件は、結城が設立した秘密組織「D機関」の一員としてスパイになることだった…。


 過酷で奇妙な訓練を経て、青年は「嘉藤〈かとう〉」という偽名を与えられ、世界を揺るがしかねない機密文書《ブラックノート》奪取の極秘ミッションを命令される。世界各国が狙う《ブラックノート》は現在、国際都市「魔の都」に駐在する米国大使・グラハムの手にあった。日本を飛び出し「魔の都」に潜入した嘉藤たちD機関のメンバーは、明晰な頭脳と身体能力を駆使し、グラハムに接近していく。しかしグラハムの愛人・リン(深田恭子)や、ブラックノートを狙う各国のスパイたち、さらに「D機関」内部に潜む見えざる敵が彼らの前に立ちはだかる…。


 誰が敵で、誰が味方か? そして《ブラックノート》に隠された秘密とは? タイムリミットはグラハムが帰国するまでの2週間。生と死が紙一重で隣り合う、「極限のスパイゲーム」の火蓋が今、切って落とされる!


 久々に面白い日本の娯楽映画を観た。映画に関する基本情報を頭の中に入れずに観れば、ツッコミどころは多く、時代にそぐわない秘密の小道具が出てきたり、“なんだこりゃ?”と思うような場面もあるにはあるが、一応舞台設定が戦前の“架空の日本”ということなので、時代考証など一切関係なく、一種のパラレル・ワールドものと考えて観たほうが楽しめるかもしれない。


 そして、スパイ映画という事もあってか、「007」シリーズや「ミッション・インポッシブル」などのパロディーがふんだんに盛り込まれているのも、映画ファンには楽しめる要素の1つであろう。製作に日テレが関わっているためか、ストーリーが進むにつれて、深キョンがなぜか峰不二子に見えてくるのだが(笑)、原作小説には続編、漫画版にはスピンオフがあり、映画版も続編を期待させるラストだったので、「007」好きな自分は、映画版も続編を作ってほしいな、と思った次第である。


私の評価…☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧