趣味

2014年9月21日 (日)

〔舞台〕ミス・サイゴン 新演出版

〔舞台〕ミス・サイゴン 新演出版
劇場:大阪・フェスティバルホール
脚本・音楽:クロード=ミッシェル・シェーンベルク
原作:ジャコモ・プッチーニのオペラ「蝶々夫人」
演出:ローレンス・コナー
翻訳:信子アルベリー
訳詞:岩谷時子
出演(自分が観た回のキャスト):エンジニア…駒田一、キム…知念里奈、クリス…上野哲也、ジョン…上原理生、エレン…木村花代、トゥイ…神田恭兵、ジジ…池谷祐子 他


 《ベトナム戦争が残した、暗い影》


 ミュージカル「ミス・サイゴン」といえば、1989年9月にロンドンのウエストエンドで初演を迎え、以来25年にわたって世界中で上演されてきた人気演目である。今回上演されるのは、2012年と13年にウエストエンドで上演された新演出版に、さらに改訂を施し今年、25周年記念公演としてウエストエンドで上演されたバージョンの日本人キャスト版である。


 ベトナム戦争末期。爆撃で故郷の村と両親を失った少女キムは、ナイトクラブを営むエンジニアに拾われる。エンジニアやクラブの女たちは、アメリカへ渡り豊かに暮らす夢を見ながら、G.I.相手に媚を売って生きていた。戸惑いながらも店に入るキム。初めての客は、長引く戦争の中で虚無感に苛まれる米兵クリスだった。一夜を共にした二人は互いの中に救いを見出だし、恋に落ちる。幸せな二人の前に突然、キムの婚約者であるトゥイが現れた。ベトコンのトゥイはキムが敵兵と一緒にいることに激怒し、アメリカの敗北は近いと言い捨てて去っていく。クリスはキムを国へ連れ帰ると決め、二人は世界が終わろうと愛は続くと誓い合う。だが、サイゴン陥落の時はすぐそこに迫っていた…。


 一年前、ほぼ同じスタッフによる「レ・ミゼラブル」の新演出版を鑑賞した時から、既に次の年このミュージカルが上演される事が決まっており、その時から楽しみにしていた。いやぁ、一年経つのって、ホント、早いわぁ(笑)。残念ながら、市村さん(病気降板により代役=筧利夫さんに)の回はこちらのスケジュールの都合上チケットを取る事ができず、じゃあヒロイン役が知念里奈ちゃんの回を取ろうか、いうことで上記キャストの回を観たわけである。


 物語はプッチーニのオペラ「蝶々夫人」を基に作られていて、舞台は明治30年代後半の長崎ではなくベトナム戦争末期のサイゴンに、没落藩士令嬢と米海軍士官との悲劇はベトナム人少女娼婦と米大使館の軍属運転手の悲恋へと置き換えられている。一応、主役はエンジニアであるが、中心となるのは少女娼婦キムと運転手クリスなので、エンジニアは狂言回し的な役割だ。


 舞台版「レ・ミゼラブル」は映画化もされたので、この「ミス・サイゴン」も映画化されたらいいなと、観る前は思っていたが、主役もヒロインも敵役も死んだのに、ラストにヒロインの娘の結婚という“希望の光”を描き、「民衆の歌」を高らかに歌い上げて華々しく終わる「レ・ミゼラブル」に対して、この「ミス・サイゴン」は、戦争で引き裂かれた恋の挙げ句、ヒロインの自決でそのまま終幕という、とんでもなく暗いラストなのだ。舞台ならカーテンコールで明るい雰囲気にすることができるが、映画だとそうはいかないだろう。「ミス・サイゴン」より後に作られた「レ・ミゼラブル」の方が先に映画化されるのもわかるような気がした。


 僕はこのオリジナル版は観ていないが、オリジナル版とどこが変わったかというと、どうやら大きく変わったのは、人々を救出するために飛んでくるヘリコプターの演出と、「アメリカン・ドリーム」の場面らしい。どうやら、上から釣り下げられた娼館のセットの裏側がヘリコプターになっているようだが、照明の当て方によってそのヘリコプターが、爆音と共に舞台に近づいてくるように見える様は圧巻であった。また「レ・ミゼラブル」同様、セリフの殆どが歌になっているのがこの作品の特徴の1つなのだが、今回オリジナル版とは歌詞が変わっており、その関係で岩谷時子さんが訳されていた日本語の訳詞も、岩谷さんは既に他界されているので、オリジナル版の日本語訳詞製作時に、共同で作業をされていた方が手直しをされているということで、よりドラマ性が重視されているようである。


 来年は、第二次世界大戦終戦から70年、ベトナム戦争終結から40年、朝鮮戦争は開戦から65年という、ある意味大きな節目を迎える。それぞれその時の世相の違いというものはあるだろうが、改めて見つめ直し考えてみるのも、いいのではないだろうか。


私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

〔舞台〕レ・ミゼラブル

【演劇】レ・ミゼラブル
劇場:大阪・フェスティバルホール
原作:ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」
演出:ローレンス・コナー/ジェームズ・パウエル
翻訳:酒井洋子
訳詞:岩谷時子
出演(自分が観た回のキャスト):ジャン・バルジャン…福井昌一、ジャベール…川口竜也、エポニーヌ…昆夏美、ファンテーヌ…知念里奈、コゼット…若井久美子、マリウス…山崎育三郎、テナルディエ…KENTARO、マダム・テナルディエ…浦島りんこ、アンジョルラス…上原理生 他


 《映画であろうが舞台であろうが、名作は何度観ても素晴らしい》


 1985年のロンドン初演(日本初演は1987年)以来、様々な地域で上演され、世界のミュージカルの代表作と言える人気演目となっている作品。今回は、2009年からロンドンなどで演じられている《新演出版》の日本初上陸だ。ちなみに昨年公開され、日本でも大ヒットしたヒュー・ジャックマン主演の映画版は、この《新演出版》を元に、映画的なアレンジを施して映像化したものである。


 1815年、ジャン・バルジャンは、19年も刑務所にいたが仮釈放されることに。老司教の銀食器を盗むが、司教の慈悲に触れ改心する。1823年、工場主として成功を収め市長になった彼は、以前自分の工場で働いていて、娘を養うため極貧生活を送るファンテーヌと知り合い、幼い娘コゼットの面倒を見ると約束。そんなある日、バルジャン逮捕の知らせを耳にした彼は、法廷で自分の正体を明かし再び追われることになってしまい…。


 これはもう、映画版を観た時から、舞台版も観たいと思っていたので、今回大阪公演で観ることができて、ホントに良かった。しかも全面改装を経てリニューアルオープンされた、できたてホヤホヤの真新しい劇場での鑑賞である。予め自分のスケジュールを予想して、春先にプレリザーブという形でチケットを購入したため、余計なスケジュールが入らないか、ヒヤヒヤものだったが、何とか入らず(仕事のオファーが来ても断るつもりでいたけど 笑)、体調万全の状態で観ることができて嬉しい。


 さて、舞台版を観ての感想だが、舞台ファンの人には申し訳ないが、一映画ファンとして観ると、今回のファンテーヌ役の知念里奈も素晴らしく、いいなー好きだなぁとは思ったのだが、映画版で同じ役のアン・ハサウェイは凄いなぁと改めて思ったのである。今回の舞台鑑賞前に、一応見比べようと思って、映画版をBlu-rayで再び観たのだが、映画版プロデューサーをして、「あれほど痛々しい感情が伝わってくる“夢やぶれて”を聴いたのは初めて」と言わしめるほど(特典映像より)で、アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞も納得なのだ。


 さて、舞台版の方に話を戻すと、今回は新演出版という事で、衣裳や音響、舞台セットを全部リニューアルし、原作の解釈を以前のものとは変えた構成となっている。プロジェクターによるスクリーン映像が多用され、特に第2幕における下水道の場面やジャベールの自殺シーンは、その視覚効果もあって、より奥行や動きのあるものになっている。映画版では真正面からの目線から急に俯瞰ショットになるジャベールの自殺シーンなんかは、元の舞台版でどう表現しているのかと思っていたら、そのプロジェクターを使って背景を回転させる事でうまく処理していた。近年、「キンキー・ブーツ」や「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」など、映画からの舞台化、つまり動きのあるものから動きが制限されるものへの作品化が多くなっているが、これはつまり舞台技術および舞台芸術の革新によって、今までできなかった表現ができるようになったためであり、今後もこういった技術によって以前のものが新演出でリバイバルされたりしていくのだろう。


 その1つなのかもしれないが、本作の上演前にロビーに置いてあったチラシの中に、「ミス・サイゴン 新演出版」のチラシがあった。また帝国劇場で上演されるようだが、関西にも来るのかな? 大阪での上演が決まれば、また観に行きたいな。


私の評価…☆☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月29日 (水)

〔舞台〕ジャンヌ・ダルク

〔舞台〕ジャンヌ・ダルク
演出:白井晃
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)
音楽:三宅純
出演:堀北真希、石黒英雄、山口馬木也、柴本幸、塩谷瞬、高杉真宙、青木健、上杉祥三、春海四方、田山涼成、六平直政、浅野温子、西岡徳馬、伊藤英明 他


 《堀北ジャンヌが抜群にいい、中島かずきらしい賑やかな史劇》


 今年たぶん最後の映画・演劇鑑賞。


 堀北真希って特別好きってわけでもないけど、何か自分にとって気になる女優みたい。全部ではないが映画は舞台挨拶の回に観た「着信ありFinal」ぐらいから結構観ているし、TVドラマもいくつか観ている。


 そんな彼女の舞台演劇初主演作がこれ。今までイングリット・バーグマンやミラ・ジョヴォヴィッチが映画で演じた女傑ジャンヌ・ダルクを、この舞台では彼女が演じている。ジャンヌ・ダルクって本来は凛々しい役柄だと思うのだが、堀北ジャンヌはやっぱり可愛い。フランス国王シャルル7世役の伊藤英明はセリフ棒読み気味でミスキャストである。王様にしては威厳がなく軽すぎる感がしたのだが、史実を調べてみると、このシャルル7世は本来権力争いで王の座につくはずではなかったところ、ジャンヌ・ダルクのツルの一声的“神のお告げ”で王になったのだとか。ジャンヌ・ダルクの出生については諸説ある中、本作では王家の私生児(つまりシャルル7世の異父妹)説を採用しており、そう考えると処刑される寸前のジャンヌに使いを送り助けようとする場面等に深いものを感じる。


 他にも約100人の役者が舞台から客席横の通路まで縦横無尽に駆け回る、合戦シーンの演出は見事! 脚本が劇団☆新感線の中島かずきなので、来年あたり映画館での「ゲキ×シネ」でやってくれたら、また観に行こうかな。


私の評価…☆☆☆☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月16日 (土)

〔舞台〕シェルブールの雨傘

〔舞台〕シェルブールの雨傘
脚本・作詞:ジャック・ドゥミ
音楽:ミシェル・ルグラン
演出・振付:謝 珠栄
翻訳・訳詞:竜 真知子

出演:ギイ…井上芳雄、ジュヌヴィエーヴ…白羽ゆり、マドレーヌ…ANZA(大山アンザ)、エリーズ…出雲綾、カサール…岸田敏志、エムリー夫人…香寿たつき 他


 「シェルブールの雨傘」といえば、何といっても1964年に製作されたカトリーヌ・ドヌーブ主演によるミュージカル映画が有名ですが、今回はそれを殆ど忠実に舞台化したものの日本人キャスト公演版です(15日、大阪・シアターBRAVA!にて観劇)。


 日本では過去に松岡英明&小川範子(’97)、坂本昌行&藤谷美紀(’00)の共演で上演されています。


 “戦争が引き裂く愛”をテーマに、お馴染みのミシェル・ルグラン作曲によるあの物悲しくも美しい曲にのせて描かれる珠玉のミュージカル。運命に翻弄される2人には“ミュージカル界のプリンス”と呼ばれている井上芳雄と元宝塚娘役の白羽ゆりが扮します。この作品は全てのセリフが歌になっているので、ま、若干キャリアと歌唱力の差が見え隠れする部分はあるのですが、全体的に2人のバランスはとれているかなとは思いました。


 脇役でいいなと思ったのはANZA。僕は彼女が旧芸名(本名でもある)大山アンザの時から知っていて、旧芸名時代の彼女の代表作であるミュージカル「美少女戦士セーラームーン」(初代月野うさぎ=セーラームーン=プリンセス・セレニティー役)も、恥ずかしながら1人で観に行った事があるのですが(汗)、声がすごく伸びやかになっていました。さぞかし鍛えられたんでしょうね。


 ただ、僕は先にこの作品のオリジナル、つまり映画を前に観ているので、少々字余り気味の日本語訳詞はリズムを崩しがちで違和感あるのです。忠実な舞台化故仕方のない事なのですが、もう少しなんとかならなかったかなぁと思いました。


 今年はヒッチコックの「レベッカ」やフレッド・アステアのミュージカル映画「絹の靴下」など昔の映画を舞台化しそれを日本人キャストで上演するものがありますので、観に行けたらいいなぁと思っています。


私の評価…☆☆☆☆★

| | コメント (0) | トラックバック (0)